自由度が高いフリーランスの魅力

フリーランスとは、会社員として働いている人たちのようにチームでは働かず、一人で仕事をしなければなりません。個人の能力一つで仕事をするため、責任が重く、誰も助けてくれない環境に身を置くことになります。そのため、孤独な仕事ではありますが、その分2つの魅力を兼ね備えています。

1つは、会社員とは違い、仕事に対して自由度が高いことが特徴的です。自分の能力に合った仕事のみを選び、取り組むことができるため、苦手分野を避けることができます。つまり、得意分野だけで仕事することができるため、成果が上がりやすいと言えるでしょう。

さらに、働きたい時に働き、休みたい時には休めるため、自分の時間を取りやすくなります。会社勤めのような徹底管理のもとで働かずに済むため、ストレスフリーでもあります。

もう1つの魅力は、仕事の売上が全て自分のものになり、それが給料となります。会社員の場合、仕事の売上はまず会社に入り、その成果に応じて給料が支払われます。どれだけ売上が高かったとしても、それに比例して給料がもらえる訳ではありません。

ですが、フリーランスの場合、売上がそのまま給料になるため、かなりの額を一度の仕事で稼げてしまいます。フリーランスは孤独な仕事ではありますが、『自由度が高い・稼げる』の二つの魅力を考えると、挑戦してみる価値は大きいと言えます。
そのためにも、十分な計画と能力向上が欠かせないため、安易に挑戦しないよう注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です