フリーランスの不安と孤独

フリーランスで不安を感じるのは一番が孤独だということです。人間は残念ながら孤独ということにストレスを感じるようになっています。中には「私は一人でいるのが好きで平気」という方もいますが、そのような方でも他者とのコミュニケーションが減るとストレスを感じます。

このことがもたらす悪影響については、WHO(世界保健機構)も呼びかけているほどです。フリーランスでは、全てパソコンからネットワークを通して仕事をするというやり方があります。このような仕事の仕方の場合は、孤独感が強くなってしまいます。

また、仕事のやりがいや達成感も少なくなるのも問題です。フリーランスの場合は会社などに所属していませんので、帰属意識や所属欲求が満たされません。なぜ、これが悪いのかというと組織の一人として組織へ貢献することで他者を幸せにできるという使命感とアイデンティティが生まれます。だからこそ仕事にも一生懸命に打ち込むことができるのです。

対処法ですが、何のために働いているのか?という価値を明確にしてアイデンティティをしっかり持つことが大切です。単純にお金を稼ぐためだけだと、価値としては弱いため精神的に不安定になりやすくなります。

また、働き方を少し変えてセミナーなどに出席したり、直接会って打ち合わせをするような仕事を入れておくのも有効です。このような働き方をすることで、自分の職業を再確認できるのでアイデンティティを確立することができます。
その他の孤独を乗り越えるための対処法として有効な手立て>>>孤独に耐えられないフリーランスはどうする?<<<こちらを参考までに覗いてみてください。