孤独に耐えるタフなフリーランスが将来有望

仕事は会社に所属するだけでなく、独立してフリーランスの立場でも行う事が可能です。もし会社組織に属して働くスタイルが合わないのであれば、フリーの立場で仕事を始めてみる方法も選択肢に入ります。

ただしフリーランスとして仕事を始めるのであれば、将来に渡って仕事が長く続けられるように、適正があるかどうかを見極めなければなりません。フリーの立場で求められる重要な素質の一つは、孤独に強いかどうかです。一人で誰に頼らずとも仕事が続けられるタフネスがなければ、このスタイルで仕事を長く続けるには苦労します。困っている時につい誰かに頼ってしまうような人物は、フリーで仕事をしていると強い孤独を感じる事になりかねません。

一方で一人で何でもこなす器用さやタフネスさを持っている人物は、独立しても十分に仕事がやっていけます。むしろ自由でのびのびと誰にも縛られることなく仕事ができるため、大きく成長できる可能性があります。孤独に強く単独でワイルドに生きていける人物であれば、フリーランスの仕事は将来性が大きいです。

もしその点について自信があるなら、会社員でキャリアを終わらせるのはもったいないでしょう。いずれは独立してフリーの立場になる事を視野に入れても良いかもしれません。確かに会社から独立した当初は心細さを強く感じる場面は多いです。それでもフリーならではの仕事の自由さや充実感を知ることになり、独立して良かったと思えるようになります。